悪化しない対策

ドライアイの症状があるという方は、日常生活にドライアイとなる原因の習慣があるはずです。パソコンやテレビ、携帯電話といったOA機器を長時間使用する、コンタクトが手放せない・・・。こうした原因を排除していかないと、治療をしていてもなかなかドライアイは改善されないでしょう。

ただ、仕事で必要など、パソコン画面を見ることは止められないという方も多いのが現状です。そこで、パソコン周りの環境を整えて、目に優しく使用できるように工夫してみると良いでしょう。

まず、パソコンの位置はドライアイだけでなく肩こりを予防するにも重要です。
理想的な高さは、目の位置と画面トップが並行になるところです。ちょっと画面を見下げるように設定しておくと、無駄に目を見開く必要がなく、目が乾くのを防ぐことができます。

照明にも気をつけてください。画面に照明が映り込むと、目を刺激してしまいます。オフィスなどで照明事情が変えられないという場合は、画面に反射防止シートを貼るという手もあります。






What's New

2012/04/13
その他の対策を更新。
2011/03/07
カシス更新
2011/03/07
その他の対策更新
2011/03/07
日常対策更新
2011/03/07
室内の潤い更新
2011/03/07
ドライアイどっとこむ更新
2011/03/07
ホームページリニューアル
その他の対策|ドライアイどっとこむ 2011年12月06日

SIDE MENU

PICK UP SITE


慶應義塾大学病院
オリジナルの医療・健康情報

healthクリック
健康ポータルサイト

ドライアイ研究会
ドライアイの研究